効果的な筋トレには秘訣があった。果たしてその方法とは?


毎日筋トレしてるけど、全然筋肉がつかない。しかし効果的な筋トレには秘訣があります。
そこで今回はその方法について説明していこうと思います。

例として合宿などで続ける筋トレを行う場合は、リバウンドを生み出して超回復させる方法があります。

有名なのが「3日間トレーニング」というメソッドです。
1日目は激しいトレーニング、2日目は完全に回復してない状態ですが、激しいトレーニングを重ねます。そして3日目は当然パフォーマンスが下がった状態ですが、それでもトレーニングを行います。ところが、4日目にトレーニングを休むと体は超回復を見せるので1日目のトレーニングに入る状態と比べても、はるかにパフォーマンスが上がります。

とはいえ3日間トレーニングは合宿などの集中的な筋トレには効果的な方法です。

会社帰りのスポーツジムなどでは、効果的な筋トレとはいえないのです。一般的に超回復にかかる時間は48~72時間です。時間に幅があるのは強度の違いにあるのです。負荷が大きければ超回復に時間がかかり、負荷が小さければ超回復まで時間がかからないということです!

そして、超回復を利用した効果的な筋トレは「中2日」がベストと言えるでしょう。中2日なら、筋トレと筋トレの間隔がちょうど72時間になります。その意味で、週2~3回ペースが効果的な筋トレといえるでしょう。

以上が効果的な筋トレの秘訣です。基本的には中2日トレーニングして1日休むというのがベストでしょう。

超基本、筋肉を激的に発達させる3つの要素とは?

筋トレで筋肉を発達させるにただがむしゃらにトレーニングして、食事を摂りまくれば良いわけではありません。
そこで今回は筋肉を発達させる大事な3つの要素を説明していくので参考にしてみて下さい。

辛い筋トレより大事なこと

まず必要なのが十分な睡眠です。
寝過ぎはダメですが、本格的に筋トレをする場合は通常より多めに睡眠を取った方が良いです。普通は7時間が最も良い睡眠時間とされていてるので、強度が高めの筋トレをする場合は7時間半くらいでしょうか。特に筋肉の発達や脂肪燃焼にかかせない整腸ホルモンが多く分泌される22時~2時の間はしっかり寝ておきたいところです。

また食事管理も重要です。
体の全ての器官は食事で作られて維持されています。当然筋肉も例外ではないのです。特に筋肉は食事の影響を受けやすく、個人的にはトレーニングよりも食事管理がいい加減な方がデメリットがあります。たとえ、トレーニングが月1回しかできない時があっても食事管理だけは出来る範囲で続けた方が良さそうです。

3つ目は超回復の継続です。
超回復とはトレーニングによって疲労、損傷した筋肉が休息や食事による栄養補給などによって回復し、そこから更にもう一段階成長するというものです。しかしそのままサイズを維持しているわけではなく、放置すれば徐々に小さくなっていきます。つまり超回復により成長した筋肉を維持するためには、筋トレを継続しなくてはなりません。

大まかに説明しましたが、以上が筋肉を発達させる3つの要素です。どれも大事な事ですので、きちんと守って継続していきましょう。

素敵な男性になりたいならきれいなお肌をゲットしよう
ジーヴ 口コミ

庄司智春も着ているマッチョになれる加圧シャツ!金剛筋シャツ!!
金剛筋シャツ 口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする