筋トレと筋肉痛の関係って?筋肉ムキムキのマッチョマンになりたいなら筋肉が痛んでいるときはトレーニングをしない方が良いと知ってましたか?

kintore
皆さんはどのように筋トレを行なっていますか?

筋トレは筋肉を壊すことで新たに強靭な筋肉がつくという理論で行われますので、筋トレが辛くないなんてありえないことです。

辛い思いをして頑張ることで筋肉は増えます。ですが、どうせ辛い思いをするのなら、効率良く筋肉を増やしたいですよね。筋肉を効率よく増やしたいなら、筋肉痛が起こっているときは筋トレしない方が効果的です。

筋肉痛になっているときは筋トレによって傷ついた筋肉がまだ修復されていないという証拠です。

筋肉が修復されることで筋肉は増強されますので、筋肉痛の時にトレーニングに励むと筋肉が修する暇が与えられずなかなか筋肉増強は見込めません。むしろ、間違って筋トレを続けていると筋力が落ちてしまうことにも繋がるのです。ですので、筋肉痛が出たら筋トレは休むことも大切です。

筋肉が超回復するのにかからる時間は人にもよりますが、48時間以上かかるようですね。筋肉痛が起きてから筋トレを行うときは少なくとも48時間は空けたほうが良いということです。

超回復

負荷が強いトレーニングの場合は超回復にはかなりの時間がかかる場合もありますので、あくまで目安にした方が良いですね。
なるべく自分の筋肉痛の様子を見て、再開するかもう少し休むか決めて置いた方がいいでしょう。

また、筋肉痛が起こる負荷の強い筋トレでは関節の可動域も狭くしてしまいます。
ですので、可動域が回復してから、しっかるいと筋トレを行うようにしましょう。

朝に筋トレを行う人は必見!仕事に行く前の限られた時間で効率よく筋トレを行うの最適な筋トレメニューを確認して、食事にも気をつけましょう

皆さんは筋トレはいつ行っていますか?
昼間は仕事で筋トレをする時間なんて当然ないですよね。

そうなってくると夜に筋トレすることになりますが、夜はもう疲れでへとへとになってしまってできないという人もいることでしょう。

それなら朝に筋トレを行うと良いですよ。朝の限られた時間でも筋トレを効率よく行えば筋肉増強が見込めるんです。

まず、朝に筋トレをするには適切なウォーミングアップが必要不可欠です。
ウォーミングアップしないと朝の体温が低い状態の体には負担がかかりすぎてしまい、怪我の原因になってしまうからです。ウォーミングアップというと軽くウォーキングをする人が多いようですが、腕立て伏せやスクワットなどでも十分です。腕立て伏せやスクワットを行う際はじっくりと10分程度行うことで、筋トレの準備体制に入ることができます。

ウォームアップするときはまずは腹筋から行うことがおすすめです。
朝起きてそれほど時間が経っていないときの体は負荷の大きな運動ができる状態ではありません。腹筋をすることで脊柱を目覚めさせて調子が上がってきます。

朝の筋トレを行う時は自分の持っている筋力を最大限に出し切ってはいけません。それは怪我を防ぐためです。
朝は70%程の筋力を使う筋トレを行いましょう。その変わりに回数を増やせば良いのです。

朝に筋トレする場合は朝食をたくさん食べてはいけません。たくさん食べると血液が胃腸に集中して肝心の筋肉の方には行かないからです。たくさん食べると動きが鈍ったりもしますので、注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする